韓国、WBCを放映しない自国のテレビ局に不満爆発

韓国人

第4回WBC(=ワールド・ベースボール・クラシック)が開幕され、日本は絶好調の6連勝。多少危ないシーンもあったものの快調をキープ、2次ラウンドを突破しアメリカで開かれる準決勝に向け準備を進めている。一方、韓国はまさかの一次ラウンド敗退。初出場のイスラエルに惨敗すると意気消沈、地元紙では「無気力すぎる」「史上最悪、歴代最弱のチーム」「もう台湾を応援する」と韓国人選手を厳しく責めたて見捨てる内容の記事まで書かれ、韓国のベースボールの行く末について嘆きの声が続出した。しかし韓国人の不満は別のところにもあるようだ。

一次敗退によって、韓国のテレビ局は一斉にWBCの中継をやめた。これについて韓国のインターネットの掲示板などでは「アジアの自尊心である日本が戦っているのに中継しない」と怒りのコメントが続出。普段ならば反日感情丸出しの韓国人だが、世界に羽ばたく日本の姿を見たい韓国人野球ファンが急増、自国のテレビ局に不満を募らせているというのだ。

今回ばかりは日本野球の強さが身に染みたのか、日本を素直に応援するコメントで溢れる韓国人野球ファン。インターネット掲示板上では「日本がうらやましい」「投手は韓国のほうが良い」「チョッパリの団結力は恐ろしい」などとやり取りが続いている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。