日本を世界へ 「クールジャパン」コンセプトブックとりまとめ・・・経済産業省

外国人観光客

経済産業省は、2020年の東京五輪の開催を控え、日本に対する海外の関心が高まる中、クールジャパン商材・サービスの根幹となる日本の「感性」や「価値観」を国内外に発信するためのコンセプトブックを取りまとめたことを公表した。従来より、日本的価値を基盤とした日本のものづくりやサービスの再評価による日本ブランドを構築するため、「日本らしさ」について検討を重ね、改めて、日本の「感性」、「価値観」を海外に発信するためとしている。

コンセプトブックでは、日本のコンテンツ、ライフスタイル、食、サービスといったクールジャパン商材・サービスの根幹となる日本の伝統的な「感性」や「価値観」が取りまとめられた。また、日本人独特の自然観から導かれる概念を説明し、日本人の感性を表すキーワードの一例、「突きつめる」「学びとる」「合わせる」「源をいかす」「思いをよせる」を紹介している。これらは在京大使館、政府・政府関係機関、地方自治体、企業関係者などに配布、さらに今後は電子書籍として無償配付することも検討しているという。

2010年頃から世界で和食ブームとなり、その後も東京五輪に向け日本への関心が海外では急上昇。漫画・アニメなどのサブカルチャーも人気があり、最近では歴史・文化・伝統に着目する外国人も多くなってきた。日本を訪れる外国人は現在、2013年頃から比較すると2倍超となっており、今後も続伸することが期待されている。日本の魅力をより海外に広める取り組みが続けられている。

(参照)

クールジャパン商材・サービスの根幹となる日本の伝統的な価値観をまとめたコンセプトブックを取りまとめました~世界が驚くニッポン!~(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170308001/20170308001.html


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。