文部科学省が聖徳太子抹殺計画!パブリックコメントで阻止を!(テンプレあり)

聖徳太子抹殺計画

未曾有の国難と言える緊急事態が発生している。文部科学省が小中学校の歴史教育を改悪し、「聖徳太子」の名前をフェードアウトさせようとしていることが分かった。歴史学者の藤岡信勝氏は、3月15日締め切りのパブリックコメントによって、この悪行を阻止することを懸命に呼びかけている。
小中学校学習指導要領
問題となっているのは、文部科学省が2月14日に発表した小中学校の学習指導要領案。小学校では「聖徳太子(厩戸王)」、中学校では「厩戸王(聖徳太子)」と教育することで、聖徳太子の名前を学校教育からフェードアウトする内容となっている。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000154961
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000154962

藤岡信勝
この問題に真っ先に警鐘を鳴らしたのは、歴史学者の藤岡信勝氏。2月23日の産経新聞への寄稿記事にて、これが周到な「聖徳太子抹殺計画」であると指摘し、それが大山誠一らの「聖徳太子虚構説」を根拠としたものであると指摘している。藤岡氏はこの「聖徳太子虚構説」を「根拠が乏しい」と批判。そして、「事情は不明だが文科省は、この珍説が歴史学界の通説であるととらえてしまったようだ。この説は日本国家を否定する反日左翼の運動に利用されているのであり、その触手が中央教育行政にまで及んだ結果である。」とし、パブリックコメントによる国民の声の結集を呼びかけている。
http://www.sankei.com/column/news/170223/clm1702230006-n1.html
聖徳太子虚構説
「聖徳太子虚構説」がメディアで急激に取り上げられるようになったのは、民主党政権期であることは記憶に新しい。聖徳太子は日本を古代中国の冊封から独立し、日本の「天皇」を中国の「皇帝」と対等であると隋代以降の歴代中国に認めさせた人物である。そのため、韓国では今なお天皇を「日王」と表記し続けている。また、民主党政権期のNHK大河ドラマ『平清盛』でも、朝廷を「王家」の名称で統一し続けたことを、忘れた人はいないだろう。学習指導要領案でも「厩戸皇子」ではなく「厩戸王」となっているのは、そうした背景があるからだ。
黒田裕樹
藤岡氏と同じく、今回の流れに異議を唱えたのが、大阪府内の高等学校で社会科の非常勤講師を務め、独自の歴史学講座を積極的に展開する、黒田裕樹氏。彼は自身のSNSで「「聖徳太子抹殺計画」に反対!「独立国家日本」を形づくった聖徳太子を守れ!」と主張し、「聖徳太子抹殺計画」に関する詳細な解説を、動画つきでわかりやすく公開している。
https://twitter.com/rocky96xp/status/835011903852179456
http://rocky96.blog10.fc2.com/blog-category-261.html
さらに黒田氏の協力者により、文部科学省に対するパブリック・コメントのテンプレートがSNS上に投稿され、藤岡氏も自身のfacebookでシェアした。
https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka/posts/1261868590565579

文部科学省へのパブリックコメントは、下記より送信することができる。締め切りは3月15日である。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細
学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000878&Mode=0
(ページ下部「意見提出フォームへ」をクリック。)

パブリックコメントのテンプレートは以下の通りである。
意見公募要領では 「1枚1意見、1メール1意見」と指定されているため、一人二件のパブリックコメントを寄せる必要がある。
====================
件名:
小学校学習指導要領案について

意見:
「小学校学習指導要領案」の45頁、「聖徳太子(厩戸王)」の記載に強く抗議し、「聖徳太子」の単一表記を求めます。
 聖徳太子はわが国の歴史において、国の礎を築いた最も重要な人物です。そして、「聖徳太子」は奈良期に与えられた正式な諡号であると同時に、『日本書紀』成立以前より「聖徳」の記述が複数の史料に見られることも知られています。
 にも関わらず、小学校の段階で、「聖徳太子(厩戸王)」と教え、さらに、中学校の段階で「厩戸王(聖徳太子)」を優先して教育するという段階的な指導要領案には、「聖徳太子」の名称をわが国の教育現場からフェードアウトさせる悪意が、明らかに存在しています。
 さらに、「小学校学習指導要領案」にも記載されている、聖武天皇も明治天皇も諡号であり、仮に諡号であることを理由に生前の名称を表記するとした場合、わが国の歴史教育が根本から崩れることは、言うまでもありません。
 わが国の国民を育む歴史教育において最も重要な人物である聖徳太子に関する学習指導要領の意図的な改悪は、断じて許せません。ここに、訂正を重ねて強く求めるものです。
====================
====================
件名:
中学校学習指導要領案ついて

意見:
「中学校学習指導要領案」の40頁、「厩戸王(聖徳太子)」の記載に強く抗議し、「聖徳太子」の単一表記を求めます。
聖徳太子はわが国の歴史において、国の礎を築いた最も重要な人物です。そして、「聖徳太子」は奈良期に与えられた正式な諡号であると同時に、『日本書紀』成立以前より「聖徳」の記述が複数の史料に見られることも知られています。
にも関わらず、小学校の段階で、「聖徳太子(厩戸王)」と教え(「小学校学習指導要領案」の45頁)、中学校の段階で「厩戸王(聖徳太子)」を優先して教育するという段階的な指導要領案には、「聖徳太子」の名称をわが国の教育現場からフェードアウトさせる悪意が、明らかに存在しています。
さらに、「小学校学習指導要領案」にも記載されている、聖武天皇も明治天皇も諡号であり、仮に諡号であることを理由に生前の名称を表記するとした場合、わが国の歴史教育が根本から崩れることは、言うまでもありません。
わが国の国民を育む歴史教育において最も重要な人物である聖徳太子に関する学習指導要領の意図的な改悪は、断じて許せません。ここに、訂正を重ねて強く求めるものです。
====================

FAX、電子メール、郵送の際は、下記の項目も必要となる。

・氏名:法人又は団体の場合はその名称。
・性別、年齢:法人又は団体の場合は記入不要。
・職業:在学中の場合は「高校生」「大学生」など在学する学校段階を記入。法人又は団
体の場合は「団体」と記入。
・住所:法人又は団体の場合は主たる事務所の所在地を記入。
・電話番号

宛先:文部科学省初等中等教育局教育課程課
住所:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
FAX番号:03-6734-4900
電子メールアドレス:shidouyouryou@mext.go.jp
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000154958

民主党政権(現民進党)の残党と呼ぶにふさわしい、文科省の「聖徳太子抹殺計画」を、私たち日本人は一丸となって、是が非でも阻止しなければいけない。

2017年2月24日
※2月25日加筆訂正。

About the Author

天之加久矢
豊受真報の記者の天之加久矢(あめのかくや)です。よろしくお願いします。