韓国、平昌五輪を竹島占有に悪用? 大韓体育会、「独島」修正に応じず

竹島

2018年韓国平昌冬季五輪組織委員会の公式ホームページの地図に島根県の竹島が韓国名の「独島」との表記で韓国領とされている問題で、JOC(=日本オリンピック委員会)に対し、大韓体育会から修正には応じないとする趣旨の回答があったことがわかった。この問題について、日本の外務省が韓国政府に抗議していた。各メディアが報じている。

韓国メディアによると、日本側の抗議について組織委員会の李煕範(イ・ヒボム)委員長は、「対応する価値もない、と切り捨てた」と発言したとされる。日本の外務省は、外務省は五輪憲章に違反すると申し入れていた。

韓国の不当な主張と武力行使による竹島不当占有。韓国側は竹島の領有権は韓国にあると一方的に主張し、実質的な支配を行っている。これまでも韓国は国際的なスポーツの祭典で「独島は韓国領」などと政治的主張を行うなど、日本への挑発行為を行ってきている。今後、平昌五輪も竹島の占有を正当化しようと政治的主張の場として用いられていくと考えられる。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。