話題:朝鮮総連、「朝鮮学校無償化」めぐり国連の悪用を画策

金正恩

朝鮮総連機関誌である朝鮮新報は、昨年12月、「留学同学生が無償化問題で報告/国連・人権勧告の実現を! 12.10集会」とのタイトルで記事を掲載、朝鮮総連(=在日本朝鮮人総聯合会)が国連を「朝鮮学校無償化」に巻き込む旨を明らかにした。

同紙の報道によれば、「国連・人権勧告の実現を! 12.10集会」が昨年12月10日、東京都渋谷区にある青山学院大学青山キャンパスで行われ、留学生が基調講演に続いて行われた報告(全8つ)のうちの1つ「朝鮮学校無償化問題」で約5分間アピールしたという。同集会には約170人が参加、「日本が人権勧告を無視し続けている」「在日朝鮮人に対する差別が行われている」などと主張を行ったという。さらに、「日本政府の差別的行為は日本社会の中で人種差別を助長する行為」との主張も行われた。

留学同学生が無償化問題で報告/国連・人権勧告の実現を! 12.10集会(朝鮮新報)
http://chosonsinbo.com/jp/2016/12/20161214ton-2/

同集会は、国連を「朝鮮学校無償化」問題に巻き込み、国連から日本に圧力をかけさせることを念頭に置いたもの。言い換えれば、国連に日本を弾圧させることを目的としたものだ。朝鮮総連側は日本政府に対し「不当な権力行使を行うのではなく、社会的責任を果たすこと」などと主張しているが、不当な権力を行使して弾圧しようとしているのは実に朝鮮総連だ。

北朝鮮は核実験などを世界各国の反応を無視し行っているため、現在は制裁の対象。日本も物流の停止などで制裁を行っている状況。しかし在日朝鮮人らには制裁を行っているわけではなく、日本国内でこれまで通り暮らさせている。また朝鮮学校は自費運営できているにもかかわらず、日本に資金を要求しており、不当な請求だ。これらの理由により各自治体は朝鮮学校への援助を停止に動きつつあり、カネがもらえなくなった朝鮮総連側は発狂、現在に至るというわけだ。もちろん日本は朝鮮学校に差別的対応などしておらず、他国の外国人学校と扱いは同じ。むしろまだ朝鮮学校に資金を提供している自治体も多いため朝鮮学校は優遇されているような状況だ。

事実を受け止めず、優遇が解除されることに腹をたて、日本人を「差別的」「弾圧している」などと身勝手な主張を繰り返している在日朝鮮人。さらには国連も悪用し日本を弾圧させようと画策中だ。日本としては、北朝鮮に制裁を行っているように、そろそろ在日朝鮮人への制裁も考えなくてはならないのかもしれない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。