国会前で共産党信者が安倍首相ヘイト 「福は内、アベは外」連呼に「アベ政治を許さない」ポスターにやりたい放題

左翼過激派

日本共産党機関紙のしんぶん赤旗は、4日、「『福は内、アベは外』各地で 国会前『米国にもの言え』」との見出しで記事を掲載した。「アベ政治を許さない」ポスターを一斉に掲げる行動が節分の3日、各地で取り組まれたという。

しんぶん赤旗の報告によると、東京都千代田区の国会正門前に約80人が集まり、「鬼」に見立てた安倍晋三首相を追い払おうと「福は内、アベは外」と声を合わせたという。同紙によれば、同日、米国防長官が来日し、日米首脳会談も今月予定される中、米国に追随する安倍政権に怒りの声が上がったとされるが、集まった人々は共産党関係者。共産党はこれまでも露骨な反政府運動を行っており、警察庁は「極左暴力集団」として、日本の治安を脅かす存在として報告している。今回集まった人々も、共産党支持者の極左暴力集団の一部とみられる。

共産党はじめ極左暴力集団は「ヘイトスピーチ」を誇張、在日韓国・朝鮮人を擁護してきた。しかし自身は政治のためならば度を超えたヘイト行為を行っており、主張が矛盾。今回の集団もヘイトスピーチ規制を訴える層と同じであるが、安倍首相についてのヘイトスピーチを公衆の前で行った形。極左暴力集団のヘイトスピーチとは、在日韓国・朝鮮人のみを守るもので、それ以外は視野になさそうだ。むしろ日本人はヘイトされるべきと思っているのかもしれない。

(参照)

「福は内、アベは外」 各地で 国会前 「米国にもの言え」(しんぶん赤旗)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-04/2017020401_04_1.html


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。