在日中国人窃盗団、関東で犯罪100件以上

中国人

在日中国人の林武慶容疑者(25)など、男ら5人が警視庁に逮捕されたことがわかった。埼玉県で住宅に侵入して現金を盗んだ疑い。

林容疑者ら5人は、去年11月、埼玉県越谷市の一戸建て住宅に侵入して現金約2万円を盗んだとされる。林容疑者は中国人の20代の男らで窃盗団を組み、留守の一戸建て住宅に目を付けると、窓を割って侵入して現金を盗むという手口で犯行を繰り返していた。この半年間で100件以上、少なくとも4000万円を盗んだとみられているという。被害は東京、神奈川、埼玉など関東の1都3県に及んでおり、5人は半年間で100件以上の犯行に及んだとみられている。

在日中国人の犯罪が後を絶たない。在日中国人は本土から仲間を募り、短期ビザなどで日本に長く不法に滞在させ、日本国内でグループを大きくし犯罪を繰り返している。犯罪の種類は主に個人情報を盗み金銭を奪うインターネット犯罪、窃盗団を作り盗みを繰り返すなど、金銭を巻き上げるパターンだ。また暴力事件を起こすなどの犯罪も多く、日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。