韓国料理研究家・金徳子氏と夫の鄭孝夫氏を所得税法違反を在宅起訴 3800万円脱税の疑い・・・東京地検

韓国人

東京地検特捜部は、16日、韓国料理研究家としてテレビなどに出演し、料理店も営む金徳子氏(72)と夫の鄭(てい)孝夫氏(74)を所得税法違反の罪で在宅起訴したことを発表した。不動産の売却の際に架空費用を計上して所得税約3800万円を脱税した疑い。各メディアが報じている。

また、特捜部は脱税を手助けしたとして、同法違反ほう助罪で東京都千代田区の健康食品販売会社「ANZU KLIMERS」(アンズ・クライマース)の井上徹代表取締役(64)も在宅起訴した。発表によると、韓国人の2人は、2013年、東京・渋谷の土地とビルを不動産会社に売る際、知人に紹介された別の会社と先に契約を結んでいたとするうその売買契約書を作成したという。その会社に契約解除の違約金2億5500万円を払ったように装い、実際に売って得た分の所得税を免れたとされる。違約金は実際にはキックバックさせていた。

在日韓国人の犯罪が後を絶たない。毎日のように日本のどこかで在日韓国人が犯罪をしているような状況。しかし心配なのは、東京地検が起訴した件。東京地検・東京地裁などは在日韓国人の犯罪を無視する傾向にあり、不起訴や、起訴が成立しても証拠不十分などでたびたび無罪にしてきている。きちんと罪が罪として成立するかどうかが心配される。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。