また東京地検が不可解判決 歌舞伎町でわいせつDVD売り捌いていた在日韓国人、不起訴処分に

%e8%a3%81%e5%88%a4

東京の新宿・歌舞伎町でわいせつDVD店が摘発され、65歳の男性が逮捕された事件で、東京地検はこの男性を不起訴処分にしたことがわかった。男性は東京・渋谷区の会社役員で在日韓国人(65)だった。一部メディアが報じている。

この男性は、昨年10月から11月にかけ、東京の新宿・歌舞伎町で不特定の客に対し、わいせつDVDを販売したなどとして、警視庁に逮捕されていた。しかし東京地検は、「男性を店舗の経営者と認定していない」などとし、起訴するだけの証拠が不十分だったため、不起訴処分としたという。

東京地検の横暴が後を絶たない。在日外国人の犯罪に異常に甘く、不起訴処分にすることは日常茶飯事。さらには極左暴力集団構成員なども不起訴とすることが常套化。不可解判決が続いている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。