在日韓国人団体「民団」、韓国の慰安婦像について「撤去すべき」 祖国に逆らう意図は?

売春婦

民団(=在日本大韓民国民団)の呉公太(オゴンテ)団長は、12日、都内で開かれた新年会のあいさつで、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像について、「なくさなければならないというのが在日同胞の共通した思いだ」と述べた。各メディアが報じている。

加えて呉代表は、「両国政府が苦渋の末に選択した結果で、両国関係発展のための英断だ」「合意が誠実な態度で履行されなければ、問題は永遠に解決されない」と発言。韓国に逆らう方針を示した。韓国では与党議員が慰安婦像建造を法的に認めようと、法案化する動きが出ていた。

民団といえば韓国政府の意向を受け、これまでも反日活動を日本国内で敢行してきた生粋の巨大反日組織。それにもかかわらず韓国政府の態度に逆らう発言をしたのは別の意図がある。在日韓国人には不法滞在者が多く、日本に匿ってもらっている立場だ。日韓合意が正確に遂行されなければ在日韓国人の立場は悪くなるばかりで、嫌韓感情は悪化、民団が求めている特権獲得も夢のまた夢。日本に恩を売ろうと必死になった結果だ。

しかし民団はしょせん韓国政府の支配下。韓国の憲法では、在外韓国人も韓国政府が支配するとの条文がある。むやみに韓国政府に逆らってしまった結果、よけいに自分たちの立場を悪くしてしまった形。日本では在日韓国人の犯罪多発、たびたびの反日活動により、強制送還を求める声が強い。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。