北海道新聞がトンデモ記事「永住外国人の地方参政権や二重国籍を認めてもいい」

難民

北海道新聞は、11日、外国人に関する社説を掲載。その中で、「永住外国人の地方参政権や、日本に移住しても生まれた国の国籍を失いたくないという人への二重国籍を認めてもいい」などと記述した。

同紙は「多文化が共生する社会に」との見出しで社説を掲載、外国人永住者の権利を呼びかけ、安倍晋三首相の政策を批判。さらには永住外国人の地方参政権や二重国籍を認めるべきとの主張を行った。同紙はその理由として「移住した外国人を孤立させてはならず、語学や医療、教育などの生活支援を充実させ、地域に溶け込んでいくことを後押しする取り組みが欠かせない」などと記述、なぜ外国人を優遇する必要があるかについては特に述べていない。

極左紙の外国人擁護記事が後を絶たない。その思想・擁護はもはや外患誘致と言っていいほどだ。日本の国益を外国人に横流し、日本人を貶めることに専念している。今後も極左紙は反日思想と過剰な外国人擁護を呼びかけていくことだろう。極左紙の暴走は止まらない。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。