厚生労働省、食品安全情報Twitterの運用開始

大腸菌

厚生労働省(医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全部)は、5日、食品安全情報を迅速に発信するため、公式Twitterの運用(アカウント:@Shokuhin_ANZEN)を始めたことを報告している。

(ツイート)

厚生労働省は同日の報告で、「食中毒に関する注意喚起など、緊急を要する情報を発信する機会が多いため、食品安全情報に特化した情報発信ができるよう、専用のアカウントを運用する」としてTwitterを運用することを公表した。厚生労働省はこれまでもTwitterで随時食品安全に関する情報を提供してきたが、必要な情報をこれまで以上に迅速に発信するという。また、投票機能などを活用し、フォロワーに対して親しみやすくわかりやすい情報発信を心がけていくとしている。

近年、食品偽装や異物混入、鶏インフルエンザといった、食品に対する不安が急増。企業ぐるみで意図的に食品テロともいうべき事案が多発していることから、食品に関する情報を共有することが重要となっている。厚生労働省はこうした消費者のニーズに応えた形。公表資料は以下URLより。

(資料)

食品安全情報Twitterの運用を開始します!(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000147819.html


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。