中央道で在日韓国人、警察が職務質問しようとしたらパトカーに車ぶつけ4時間も暴走

韓国人

NHKニュースは、4日、長野県伊那市の中央自動車道で、軽ワゴン車が複数の警察車両に相次いで衝突した事故で、軽ワゴン車は警察官が職務質問しようとしたところ逃走し4時間余り逃げ続けていたことが警察への取材でわかったと報じている。警察は、軽ワゴン車を運転していた韓国人の職業不詳、金相げん(「火」へんに「玄」)容疑者(42)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

金容疑者は、4日午前8時半ごろ、長野県伊那市の中央自動車道の下り線で軽ワゴン車を運転、中央分離帯や複数の警察車両に相次いで衝突していた。警察によると、事故の4時間余り前の午前4時ごろ、長野県原村の中央自動車道のパーキングエリアで、「バスを叩いている男がいる」と通報があり、警察官が職務質問しようとしたところ、軽ワゴン車は高速道路を逃走したという。その後、一般道におり、長野県箕輪町のコンビニエンスストアの駐車場でパトカーに車をぶつけ、さらに逃走し、再び中央自動車道に乗ってスピードを上げたり車線変更を繰り返したりするなど4時間余り暴走し続けた末に事故を起こしたという。NHKによると、金容疑者は容疑を黙秘しているという。

在日韓国人の犯罪が後を絶たない。反日思想が根底にある彼らが日本で犯罪をためらわず起こすことは周知のとおり。日本の治安を著しく悪化させる原因となっている。そのことを指摘されると、在日韓国人らは「ヘイトである」「差別だ」などと主張、自らの犯罪性気質をさらに反日活動に結びつけ、日本の治安悪化に勤しんでいる実態がある。

(参照)

中央道で暴走 逮捕の男 職務質問で4時間逃走か(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170104/k10010829061000.html


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。