サンフレッチェ広島の通訳で在日韓国人の金大伸容疑者(24) 酒気帯び運転で追突事故、現行犯逮捕

韓国人 反日

広島東署は、24日、サッカーJ1・サンフレッチェ広島の通訳で在日韓国人の金大伸(キンテシン)容疑者(24・安佐南区緑井4)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕したことを発表した。複数紙が報じている。

逮捕容疑は24日午前6時50分ごろ、東区牛田新町2の国道54号で、酒気を帯びて乗用車を運転したとしている。基準値を超える呼気1リットル当たり0.4ミリグラムのアルコールが検出されたという。金容疑者は信号待ちの乗用車に追突し、運転手の男性(30)に軽傷を負わせた。同日未明まで広島市内で飲酒し、事故時は安芸高田市内の練習場に向かう途中だったという。サンフレッチェは「弁解の余地がなく、厳しい処分を科す方針。再発防止に向け、関係者の安全運転を徹底する」としている。

在日韓国人の犯罪が後を絶たない。日本の犯罪が著しく脅かされている状況だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。