ナイジェリア、中国から密輸のプラスチック米102袋、2.5トン押収

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%81%e3%83%83%e3%82%af%e7%b1%b3

ナイジェリア当局は、21日、中国から密輸されたプラスチック製の偽米、計102袋を押収し、容疑者1人を逮捕したと発表した。世界中の各メディアが伝えている。

ナイジェリアではクリスマスから新年にかけての大型連休を前に主食のコメの価格が急騰しているという。ナイジェリアは主食であるコメの生産増をかかげ、外国産米の輸入を禁じている。しかし米の価格が高騰、密輸し売り捌くケースが多発。その密輸された米の中に、中国産のプラスチック米が含まれていたという。中国では塩化ビニル(プラスチック)で米を偽造。世界各地に売り捌き荒稼ぎしている。昨年はインドネシアで中国産プラスチック米が流通していることが発覚し大問題となっていた。

中国ではニセ粉ミルクや下水油など、これまでもさまざまな食品偽造で問題発生。世界では「食品テロ」だとする声が挙がっており、中国内でも中国産が敬遠される事態に。これにより中国人富裕層は海外の製品や食品を買い漁る現象が起きており、ますます海外に迷惑をかけている。中国人13億6000万人がすべて海外産の食品に流れたとしたら、世界の破滅だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。