話題:朝鮮総連が国連の悪用を画策 人権を盾に朝鮮学校無償化呼びかける

金正恩

朝鮮総連(=在日本朝鮮人総聯合会)機関誌の朝鮮新報は、昨年12月14日、「留学同学生が無償化問題で報告/国連・人権勧告の実現を! 12.10集会」との見出しで朝鮮総連の活動を報告している。記事によると、昨年12月10日、東京都渋谷区にある青山学院大学青山キャンパスで、朝鮮総連関係者が「朝鮮学校無償化問題」に関して約5分間アピールしたという。

朝鮮総連関係者は、「日本が人権勧告を無視」「在日朝鮮人に対する差別が行われ、日本政府の差別的行為は日本社会の中で人種差別を助長する行為」などと発言。挙げ句「無償化問題解決は日本社会の構造的な差別を撤廃し真の共生社会を作りうる第1歩だ」などとも強弁したという。日本政府は朝鮮学校の教育について問題視しておらず、朝鮮学校が自分たちで資金調達するならば民族教育を行ってよいというスタンスだ。本来であれば、日本国内で教育を行うのだから、日本の教育思想・カリキュラムを踏襲せず好き放題な教育を行っている朝鮮学校こそが大問題だ。それにもかかわらず、「日本が朝鮮学校に税金を出さない」ことに腹を立て、人権を盾に日本を批判したい放題の朝鮮総連。もちろん原因は、北朝鮮の「対日有害活動」の一環として朝鮮学校の運営が行われているからだ。

また、朝鮮総連は国連を悪用、「人権勧告」を行わせようと必死だ。世界に日本を攻撃させようと画策しているのである。北朝鮮はこれまでも対日活動の一環としてさまざまな挑発や犯罪を行ってきている。日本も何か手を打たねば、今後も在日朝鮮人はやりたい放題反日活動を行っていくことだろう。

(資料)

留学同学生が無償化問題で報告/国連・人権勧告の実現を! 12.10集会 2016.12.14(朝鮮新報)
http://chosonsinbo.com/jp/2016/12/20161214ton-2/


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。