また在日韓国人 住居不法侵入・窃盗を21件、逮捕

反日韓国

大阪府警捜査3課は、16日、住居侵入と窃盗容疑で大阪市天王寺区味原町の無職、在日韓国人の左達也容疑者(42)を逮捕、送検したことを発表した。個人病院を狙って侵入盗を繰り返した疑い。産経新聞が報じている。

被害は合計で21件(2600万円相当)とされる。送検容疑は、昨年7月から今年8月にかけ、大阪市浪速区日本橋東の整形外科医院に窓ガラスをドライバーで割って侵入、現金256万円や500万円相当の高級指輪など56点(計1161万円相当)を盗むなど、大阪市内を中心に個人病院を狙った窃盗を繰り返したとしている。また個人宅なども狙って窃盗を繰り返していた。左容疑者は「パチンコやギャンブルのための金が欲しかった」と容疑を認めているという。

在日韓国人の犯罪が後を絶たない。日本に居座り続ける彼らは人権を過剰に要求し特権を求め、日本人の税金をのうのうと使いながら生活、犯罪行為を繰り返している。在日韓国人は窃盗をはじめ、殺人、強姦、薬物など様々な犯罪に手を染め日本の治安を著しく悪化させている。また近年では反政府運動にも参加、内政干渉を行っている。背後には民団(=在日本大韓民国民団)や朝鮮総連(=在日本朝鮮人総聯合会)が政治的手引きを行っているとされる。さらには極左暴力集団や人権団体、暴力団などとの癒着も激しく、共謀して政治活動を行っている。国内では在日韓国人の犯罪の監視強化を求める声が挙がっており、強制送還を強めるべきとの主張が強まっている。

(参照)

500万円の高級指輪も…個人病院狙い侵入盗、韓国籍男を逮捕 大阪府警(サンケイ)
http://www.sankei.com/west/news/161116/wst1611160069-n1.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。