議論:「在日コリアン人権協会」の存在意義がおかしい

韓国人 反日

大阪府八尾市に存在する「在日コリアン人権協会」。在日韓国・朝鮮人の人権を保護する名目で、実際は特権を確立させようとしている反社会的組織だ。その公式ホームページには驚くべき文面が掲載されている。

在日コリアン人権協会
http://koreanshr.jp/index.html
在日コリアン人権協会
その公式ホームページのトップには

在日コリアンに対する民族差別撤廃のための制度、政策を提案し、日本社会に積極的に参画する当事者の運動団体です

とある。これは大きな問題ではないだろうか。日本の現行法では外国人の参政権は認められていない。また国政に関わる政治運動も禁止されているはずだ。だが在日コリアン人権協会は「日本社会に参画し政策を提案する」と主張している。日本の法律に真っ向から背く行動を組織の活動の重点としているのだ。在日コリアン人権協会の存在意義そのものがおかしいということだ。

在日外国人の政治活動については、以前のコラム(リンク:豊受真報臨時号)でも取り上げたとおり、不法行為にあたる。在日外国人は、自治的な動きのために制限された中での政治運動しか行ってはいけないことになっている。日本の国政に食い込み政策を提言するなどもってのほか。在日韓国・朝鮮人はきちんと日本の法を理解しているのだろうか?その知識は相当怪しい。日本人は毅然たる態度で在日韓国・朝鮮人らにきちんと法の概念を教えることが必要だろう。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。