民進党・蓮舫代表、支持母体の連合を批判

%e6%b0%91%e9%80%b2%e5%85%9a%e3%83%bb%e8%93%ae%e8%88%ab%e4%bb%a3%e8%a1%a8

民進党の蓮舫代表は、7日、東京都内で講演し、連合が次期衆院選での共産党との協力に慎重な対応を求めていることについて意見を述べた。蓮舫代表は「連合は最大の支援団体で最大限尊重している。ただ、選挙区での他の政党と(の協力)まで口を出すものだとは思っていない」と述べ、連合の意向に左右されず主体的に判断していく考えを示した。連合は民進党の支持母体。

連合は民進党に対し「共産主義を掲げる共産党とは一線を画すことが大原則」と意見。一方、民進党は共産党などとの共闘を示唆、意見が割れている状況だ。現在のところ民進党は連合の意見に聞く耳もたず共闘する構えであることから、支持母体である連合を裏切る気満々だ。それを代表が口走ることで、より決定的にしてしまった形。

左翼といえば仲間割れが常。今回は左翼の代表的存在ともいえる民進党がそれを起こしてしまう一歩寸前だ。共闘しても共闘しなくても地獄。民進党の分解ももう少しといったところだ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。