観光:訪日外客数、初の2000万人突破

外国人観光客

国土交通省は、10月31日、ことし日本を訪れた外国人旅行者が10月30日に2000万人を超えたと発表した。年間訪日外客数が2000万人を突破したのは史上初。

訪日外客数が1000万人を初めて突破したのは2013年。そこからうなぎ登りに上昇し始め、ついに2016年、2000万人の大台を突破した。背景には、円安により日本旅行が比較的容易になったことと、日本の魅力を海外へ発信する日本政府観光局(=JNTO)の取り組みがあったことなどが挙げられる。さらに、2020年の東京五輪に向けたアピールも続けていることも要因だ。2010年頃より世界各地で健康ブームが到来、日本食が注目され始め、寿司が大ブームを巻き起こした。それにともない和食が世界に広まり、同時に日本文化が世界に急激に広まっていった。政府や各企業の努力が実り、世界中の人々が日本の魅力を認識、訪日外客数の急増に繋がった。

昨年2015年の訪日外客数は1973万7409人。惜しくも2000万人には届かなかったが、ことし達成できることは予想されていた。2013年より訪日外客数は約300万人ずつ増えており、順調なペースであることがうかがえる。

しかし訪日外客数増加によって国内では問題も。治安の悪化が避けられず、外国人の絡む事件も増加、法整備が急がれる。特に中国からの旅行者が国内で行方不明になり不法滞在するケースが急増しており、早急に対応が必要となっている。また反政府運動などに参加する外国人もおり、共謀罪強化などの対策が急がれている。東京五輪が開催される2020年には、政府は訪日外客数3000万人突破を見込んでおり、治安維持が課題となりそうだ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。