鳩山元首相、土人発言に対し「とても許せない言葉だ」・・・沖縄タイムス報じる

鳩山

沖縄県内外の有識者らでつくる「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」の第2回公開シンポジウム「東アジア共同体と沖縄の未来」が22日、横浜市内の神奈川大学で開かれた。会員や市民ら約70人が参加し、登壇した研究者らの報告に聞き入ったという。極左紙として知られる沖縄タイムスが報じている。

同紙の報道によると、同研究会名誉顧問で東アジア共同体研究所理事長の鳩山由紀夫元首相は、沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に関して「政府が県民の意思に反して強引に工事を進めている」と批判。警備している機動隊員らによる発言については「感情的な高ぶりから出てきてしまったかもしれないが、とても許せない言葉だ。ここにも差別されている沖縄の現状がある」としたという。また、東京造形大の前田朗教授は「沖縄(琉球)は植民地的状況だとか、国内植民地だと議論されることがあるが、植民地そのものだと認識している」などと発言。まるで外患誘致(売国行為)を正当化するかのような発言で溢れた。

鳩山氏といえば過剰な中国贔屓で知られている。尖閣諸島問題については過去に「中国の立場から言うと日本に尖閣諸島を盗まれたと思っても仕方がない」「領土問題だ」などと発言、売国行為だと批判が殺到した。このことについてマスコミが追及を行うと鳩山氏は「もっと勉強していただきたい」などと釈明、意味不明な論調で逃亡していた。沖縄では米軍に対し極左暴力集団や在日中国・韓国・朝鮮人などが連日にわたり機動隊を攻撃、暴力行為や脅迫、集団ストーカーなどを繰り返しているが、社民党・福島みずほ議員や自称精神科医・香山リカ氏などが「沖縄に対する差別だ」などとし反社会勢力を庇い続けている。鳩山氏はそれに加勢した形だ。さらに沖縄のメディア・沖縄タイムスもそういった事実を隠し、反社会勢力を絶賛し沖縄地元住民の迫害を正当化する記事を書くなどが問題視されている。

(参照)

鳩山元首相「とても許せない言葉だ」 機動隊員の「土人」発言を批判(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/67814

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。