知識:在日韓国・朝鮮人の訴える「無年金在日外国人にも年金を!」は不当 実は既に支払われている

韓国人

近年、在日韓国・朝鮮人団体などは、「在日外国人無年金者にも年金を支給すべき」との主張を行っている。在日韓国・朝鮮人いわく、「無年金者に年金を支払わないことは差別」だという。この時点で既に主張がおかしい。年金制度とはそれまで年金を滞りなく納めていた者が受け取ることのできる権利であり、納めていないにもかかわらず受け取ろうというのはただのタカリ行為だ。それに加え、実は年金に代わる代替費が既に在日外国人には支払われているのである。その名も「福祉給付金」だ。

福祉給付金(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%A5%89%E7%B5%A6%E4%BB%98%E9%87%91

福祉給付金とは、年金に加入できなかったために無年金状態となった在日外国人等に対する地方自治体による支給金のこと。この制度を知らない日本人も多いことだろう。それもそのはず、在日外国人無年金者に与えられる、日本人にはない特権だからだ。なお、生活保護を受けている者は給付できないシステムとなっている。また「臨時福祉給付金」となると、要件によっては日本人も受給できる。

在日韓国・朝鮮人の「在日外国人無年金者にも年金を支給すべき」との主張は、つまり年金の代替金の二重取り。在日外国人であることを盾に人権侵害を装い、不当なタカリを強行しようとしているのである。働かずにカネをせしめようと画策する在日韓国・朝鮮人の主張を絶対に認めてはならない。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。