中国・韓国が日本人・タイ人観光客相手にボッタクリ

中韓

近年、韓国では、外国人観光客を相手にボッタクリを行う商店、タクシー、飲食店などが急増。この問題は韓国メディアが取り上げ、「我が国の信頼を失墜させる」などとして現在もたまに報道されている。被害に遭うのはおもに日本人・タイ人観光客。「人の好さ」につけ込んだボッタクリ犯罪が横行中、韓国政府は対策を行うとしながらも具体策はこれといってなく、被害は増加の一途だ。

これに続き、最近では中国の観光地も日本人・タイ人観光客に対してボッタクリを行う犯罪が急増。旅行会社関係者までがボッタクリに参加、現地ガイドや観光施設を巻き込んでボッタクリ熱が上昇している状態。中にはボッタクリに気づき過剰な支払いを拒否する客に対して、集団で脅すなどの悪質な犯罪も行われている模様。これについて中国メディアの一部は報道しているものの、ほとんどのメディアは沈黙。中国政府も特に問題としておらず、被害は増す一方だ。

しかし中国人観光客が増加しているタイでも、中国人観光客を狙ったボッタクリが横行。中国とタイでは観光客をめぐりボッタクリ合戦が繰り広げられている状況だ。治安の悪い中国・韓国・タイで、三つどもえの血で血を洗うボッタクリ摩擦が起こっている。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。