ノーベル医学・生理学賞の大隅良典栄誉教授 海外の反応がすごいことに

ノーベル賞

スウェーデンのカロリンスカ研究所は、3日、2016年のノーベル医学・生理学賞を、飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を食べて栄養源にする自食作用「オートファジー」の仕組みを解明した東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)に授与すると発表した。生命活動に欠かせない基本的な現象を明らかにし、医学や生物学の進歩に大きく貢献した功績が評価された。世界中で報道されている。

日本のノーベル賞受賞は3年連続で、計25人に。医学・生理学賞は昨年の大村智氏に続き計4人となった。

オートファジー (Autophagy) は、細胞が持っている細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの1つ。自食(じしょく)とも呼ばれる。酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。このほか、個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制にも関与することが知られている。

これについて、受賞が明らかになった3日から、海外でも大隈教授を称える声が上がっている。3年連続の日本人受賞に言及する声も多数。以下は抜粋。豊受真報記者が翻訳した。(フェイスブック上のノーベル賞フォーラム、Twitterなどから抜粋。)

■また日本人が受賞したか!
■3年連続で受賞ですか・・・日本すごすぎ
■オオクマさんの研究は世界を豊かにした、これはノーベル賞を得て当然
■オートファジーってどういうメカニズムなのか全く理解できないんだが。とにかくオオクマ教授がすごいことだけはわかった
■癌の治療に期待できるんだよね?この功績はもっと称えられるべき
■医療系の研究機関で働いてる俺が来ましたよっと。今日ずっと職場はこの話題でもちきりだったさ
■また日本ですか。あんまり私の国を落ち込ませないでよ
■なんだかうちの国がみすぼらしく思えてきた
 →おいやめろ
 →科学分野で日本とまともにやり合える国なんて一握りなんだから比較しちゃダメだって
■人類のための研究。世界中がオオクマさんに感謝
■日本人の頭脳がほしい
■これはもう脱帽ですわ
■物理学大国で、医療大国。日本ポテンシャル高すぎ
■やっぱりな。獲ると思ってたさ、日本人が
■アジアのリーダー、日本!
 →世界のリーダーって言っちゃっていいんじゃね?
 →それはアメリカだから
 →アメリカ人さんちーっす(笑)
■日本人が多くノーベル賞を受賞しているのは、きっと教育・教養の質の高さが関係していると思うんだ
■文句なしの受賞です
■これぞ職人と呼ぶにふさわしい
 →いいえ彼は教授です
■こういう最先端の分野ってのは、日本人に任せときゃいいんだよ!
■3年連続受賞かい。恐ろしいな日本人は
■もし今度生まれ変わるなら、日本人がいい

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。