政府、尖閣・竹島は「日本固有」裏付ける資料を207点追加

竹島

政府は、23日、沖縄県・尖閣諸島と島根県・竹島が日本固有の領土であると裏付ける資料を集めた内閣官房ホームページの特設サイトに、資料207点を追加掲載した。各メディアが報じている。

政府では内閣官房ホームページの特設サイトに、尖閣諸島と竹島が日本固有の領土である資料を掲載している。今回は、来年春頃までに資料の英訳を進め、海外への発信を強化したい考え。サイトは昨年8月に開設し、202点が公開済み。今回追加されたのは、尖閣諸島に漂流した中国漁民の保護への謝意を中国側が日本に伝えたことを示す文書や、江戸時代に日本が竹島を自国領と認識していたことを示す文書など。

内閣官房の特設サイトでは、尖閣諸島、竹島に加え、北方領土問題、政府の取り組みについても説明を行っている。言語は日本語・英語に加え、中国語と韓国語でも掲載。児童向け資料や法の観点から説明した資料なども多数取りそろえており、一読の価値ありだ。内閣官房の特設ページは以下のURLより参照を。

(資料)

内閣官房 領土・主権対策企画調整室
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。