日韓交流イベントでガスボンベ爆発 現場は騒然、3人が怪我・・・日比谷公園

反日韓国

東京・千代田区の日比谷公園で行われていた日韓交流イベントで、24日、屋台のガスボンベが爆発し、男性3人が怪我をする事故が発生した。各メディアが伝えている。

24日午前10時半すぎ、千代田区の日比谷公園で「何かが破裂して怪我人が出ている」と119番通報が相次いだ。爆発当時、日比谷公園では、日韓経済協会や民団(=在日本大韓民国民団)、駐日韓国企業連合会、韓国商工会議所などが主催する「日韓交流おまつり」が開かれていた。消防などによると、屋台は準備中に何かの原因でガスボンベが爆発したという。また、爆発による影響で、近くで作業中だった20代から40代の男性ら3人が怪我をして病院へ搬送された。警視庁などは爆発した経緯などを詳しく調べているという。

2015年11月には靖国神社で韓国人が起こした爆弾テロ事件があったばかり。2014年12月31日にも何者かが靖国神社の外壁に放火するテロ事件があった。在日韓国・朝鮮人らは各地で反政府運動なども行っており、日本人の韓国に対する不信感はピークに達している。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。