安倍首相のスピーチが話題に「安倍晋三です、マリオではありません」 米国金融関係者向けの会合で

安倍マリオ

TPPの会合などのため訪米している安倍晋三首相は、21日(日本時間21日夜)、金融関係者向けの会合に赴いた。安倍首相は英語でスピーチを行い、経済成長に向けた日本政府の取り組みをアピールした。そのスピーチの中で、首相はリオデジャネイロ五輪の閉会式で自らが扮した任天堂の人気ゲームに触れ、「安倍晋三です。マリオではありません」とあいさつを行った。

安倍首相は続けて、「しかし、マリオのように闘い続けています」とスピーチ。政権の掲げる「働き方改革」が「生産性を改善する最良の手段」と訴えた。また日本向けの投資も呼びかけ、「その場に行かなければ捕まえられないポケモンGOと同じ」「日本に来て成長の種を見つけてほしい」と日本のソフトパワーを宣伝するとともに例えに使って締めくくった。

これについてインターネット上では、「安倍首相の持ちネタができた」「また日本の文化を宣伝してくれている」と大盛り上がり。先日行われたG20(20ヶ国地域首脳会議)においても“安倍マリオ”の人気は衰え知らず。各国首脳が安倍首相に「マリオ!」と呼びかける一面があったほどだった。日本の文化を存分に使いこなす安倍首相の今後の手腕に注目だ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。