中国「日本は孤立化」 南シナ海めぐり挑発

中国人

北京時事の報道によると、19日、中国外務省の陸慷報道局長は定例会見で、「日本はますます孤立する状況のもと、うそもいとわず、自国の観点を関係国に押し付けようとしている」と強く非難し、挑発した。稲田朋美防衛相が南シナ海問題で中国を批判し、海上自衛隊と米海軍の共同巡航訓練を行う方針を示したことを受けた発言。各メディアもこれを伝えている。

発言は南シナ海への日本の介入をけん制、また挑発のためのものとみられる。さらに陸局長は、南シナ海問題に関する7月以降の東南アジア諸国連合(ASEAN)側との交渉の成果を誇示し、「地域の国家は何が自国の根本的利益かを最終的に理解し、適切に問題を解決することに同意した」と強調、「日本は大きな流れがはっきり見えていないか、あるいは直視したくないのだろう」と一方的な批判を行った。

これについて左翼は沈黙。極左暴力集団などは「日本が戦争しようとしている」などと情報を捏造し、安倍晋三政権への攻撃に利用。しかし実態は中国が日本に向け戦争を仕掛けようとしている。中国に対し戦争をやめさせようとする左翼の動きはいまのところない。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。