韓国人売春婦、テキサスでも大量摘発 人身売買容疑も

韓国人売春婦

韓国メディアによると、先月28日、アメリカ・テキサス州のダラス北西部で、韓国人売春婦が大量に摘発されたことが報じられている。摘発された売春婦は計15人。報道によると、摘発されたのはカン・グァンスン(72)容疑者、ファン・ジョンジャ(73)容疑者、コニー・ス・モーサー(63)容疑者、キム・シュガーズ(68)容疑者など。

ダラス郡検察は先月、韓国人売春婦が大量に活動しているダラステキサス州の北西部で風俗店8ヶ所を摘発、韓国人15人を逮捕した。逮捕された韓国人売春婦は主に50~60代で、70代の容疑者も。コニー・ス・モーサー(63)容疑者、キム・シュガーズ(68)容疑者は人身売買にも関わっていたという。逮捕された韓国人売春婦は違法に店を経営、マッサージを行うなどとしながら客に対し性的なサービスを行っていた。今回の検挙はダラス地域警察と連邦国土安保部が共同で実施、取り締まりを行ったところ、韓国人売春婦の大量検挙に繋がった。逮捕された韓国人売春婦は売春斡旋と売春の疑いで、有罪が確定すると最小2年から10年の実刑と数万ドルに達する罰金が処されることになるという。

韓国人売春婦は世界で治安を乱し続けている。中にはエイズ(=後天性免疫不全症候群)に感染している自覚がありながらも売春を続けている韓国人もいるといい、世界中に感染症を広げる原因にもなっている。近年アメリカでは違法に店を経営する売春婦を対象に取り締まりを強化しているが、逮捕された売春婦のうち韓国人売春婦が逮捕される割合は9割にも達しているという。日本においての韓国人売春婦は約5万人もいるといわれており、対応が急がれるが、野放しにされている現状がある。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。