話題:社民党がNHKにイチャモン 新たな内ゲバ勃発か

福島みずほ

極左系政党として知られる社民党は、8月31日、「生活の党と山本太郎となかまたち」の玉城デニー幹事長と連名でNHKに抗議を行ったことを明らかにしている。抗議の理由は「NHKの討論番組にに出演させてもらえなかったから」。

社民党は抗議内容について公式ホームページ上で詳細を明らかにしている。社民党は、「公平・中立であるべき公共放送として極めて遺憾であるとしたうえで、政党要件を満たしていること、放送法などではできるだけ多くの角度から論点を明らかにすることを求めていること、多様な意見を放送し国民の知る権利を保障すべきことなどから、特に憲法が大きな問題になってくるときに、幅広い議論を保障するのがNHKの使命である」などとし、7月11日のNHKスペシャル「徹底討論 日本政治はどう動く」において、生活の党と山本太郎となかまたち及び社民党などが討論に参加することができなかったことに厳重抗議した。いわゆる逆恨みだ。

政党討論番組に関する要請について(社民党)
http://www5.sdp.or.jp/comment/2016/08/31/%e6%94%bf%e5%85%9a%e8%a8%8e%e8%ab%96%e7%95%aa%e7%b5%84%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a6%81%e8%ab%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/
政党討論番組に関する要請

これについてNHK側は、「国政選挙の結果や国政への参加の状況などを踏まえ、報道機関としての自主的な編集権に基づいて判断」と回答。もともとNHKは全ての政党を呼ぶコンセプトではなかった旨を説明している。この回答に対し社民党はさらに「健全な民主主義の発展に支障を来す」「放送法や国内番組基準、放送倫理綱領の趣旨を十分尊重し、政党討論番組にできるかぎり多様な意見が反映されるよう番組内容の豊富化に特段の努力をされるべき」などと持論を展開。番組に出演できなかった恨みは相当深いようだ。

NHKも近年では中国や韓国・朝鮮に対し過剰に肩入れする極左メディアとして広く知られるようになった。いわば社民党と「反日」という思想の上では変わらない組織。しかし番組出演をめぐり社民党とNHKに溝ができてしまった。都知事選をめぐり鳥越俊太郎氏と宇都宮けんじ氏の仲違いなども発覚した今、極左団体の瓦解が止まらない。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。