また在日韓国人 偽造1万円札を使い尹貴晧容疑者(44)逮捕

反日韓国

岐阜県警捜査2課などは、8日、同県各務原市三井北町、在日韓国人の自称風俗店経営、尹貴晧容疑者(44)を逮捕した。偽造1万円札を使ったとして、偽造通貨行使の疑い。中日新聞などが報じている。

逮捕容疑では、今年5月下旬、同市内の路上で、出会い系サイトで知り合った女性(25)に交際の対価として偽1万円札1枚を手渡したとされる。県警によると、容疑を認めている。本物の札だと思った女性が直後に市内の店で偽札を使い発覚した。使われたのは、ホログラムシールのない旧紙幣の偽札で、記番号に重ねるように「見本」という文字が入っていたという。同じ記番号のお札の写真がインターネットに公開されている。県警は尹容疑者がネット上の画像を印刷したとみている。記番号の同じ偽札を女性に渡す同様手口の事件が、県内では今年、さらに3件発生しており、県警は尹容疑者の犯行の可能性が高いとみて追及する。容疑者の自宅からも同じ偽札1枚が見つかった。同じ記番号の偽札は、県内で確認された計5枚の他にも、近畿地方を中心に全国で13枚見つかっているという。

在日韓国人の犯罪が後を絶たない。近年では違法薬物の所持、使用の犯罪が目立っているが、依然として詐欺事件や暴力事件の犯罪も減らない。また今回のように偽造・コピー商品などで荒稼ぎする犯罪も絶えない。在日韓国人の犯罪が後を絶たないのは、根本に反日思想が存在しているためと考えられている。

(参照)

偽1万円札行使で逮捕 各務原の韓国籍の男(中日)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016090890232523.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。