作曲家・すぎやまこういち氏 世界最高齢でゲーム音楽を作曲したとしてギネス認定

すぎやまこういち氏

スクウェア・エニックスは、5日、作曲家のすぎやまこういち氏(85)がギネス世界記録(ギネスワールドレコード)に認定されたと発表した。記録認定は、最高齢でゲーム音楽を作曲したことによるもの。各紙が報じている。

すぎやま氏は人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽を担当していることで知られる。ギネスは、申請した今年1月28日時点の84歳292日を最高齢のゲーム音楽作曲家と認定した。すぎやま氏の記録は発売予定の「ギネス世界記録2017」に掲載される予定。

すぎやま氏はエニックス(現スクウェア・エニックス)から発売された1985年の「ウイングマン2 ~キータクラーの復活~」でゲーム作曲、翌年の1986年に発売されたファミリーコンピューターゲーム「ドラゴンクエスト」でその名を世間に知らしめることとなる。現在ではゲーム音楽を作曲しながら定期的にコンサートを行い精力的に音楽活動しているほか、保守系政治家としての顔もあり、国内外で絶大な人気を誇っている。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。