仙台市が市民をだまし討ち!広瀬通のイチョウ並木を丸坊主にする暴挙へ

伐採予定の広瀬通イチョウ並木

2016年9月1日、仙台市は「杜の都」の重要なシンボルでもある広瀬通のイチョウ並木を、お情けで1本だけ残して伐採するという、信じがたい決定をくだした。仙台市は奥山恵美子が市長に就任して以来、杜の都の要所となる樹木の伐採を立て続けに行っており、市民から怒りの声が起こっている。
広瀬通イチョウ並木伐採前
今回問題になっているのは、仙台市の中心部の広瀬通、愛宕上杉通り-駅前通り区間の中央分離帯のイチョウである。このイチョウは、戦後一面の焼け野原となった仙台市が「杜の都」として復活するために昭和35年に植樹された、樹齢約60年の見事なイチョウである。
広瀬通イチョウ伐採後
仙台市は渋滞解消の道路拡張工事のために、中央分離帯のイチョウをすべて伐採する計画を、今年の2月に発表した。しかし、住民説明会も開かないままの、年度末の予算消化のためだけの伐採と思われる突然の発表に仙台市民は困惑。市議会や国会でも取り上げられた。3月に開催された住民説明会は告知を著しく制限して5名だけが参加するという異常事態となった。
青葉区役所副区長
そして、4月に再度開催された市民説明会では反対の声が圧倒的多数の中で、市が伐採を強行することを宣言。しかし、仙台市の樹木の保存や管理のために存在する「杜の都の環境をつくる審議会」と「仙台市みどりの基本計画」を無視するものであるとして抗議が殺到。7月に杜の都審議会が開催された。
杜の都審議会委員
仙台市回答
委員質問
douro_shi
奥山恵美子仙台市長
仙台市はここでも、審議会の委員らが樹木のできる限りの保存を主張するも、伐採を強行するの強気の一点張りで、奥山恵美子仙台市長も伐採を行うと発表した。
仙台市役所職員
そして今回の審議会で、仙台市のお情けとして、イチョウを1本だけ残して後は伐採するという発表が行われた。伐採予定は現時点で、イチョウの落葉後、撮影が困難な夜間に行う予定になっている。
錦町公園のヒマラヤスギ
奥山仙台市長による杜の都の樹木伐採はこれにとどまらない。2014年には、宮城県庁にほど近い錦町公園の貴重なヒマラヤスギ13本を、審議会への報告なしに伐採。NHKの新会館建設工事を先行させた。
霊屋下の風景マンション建設前
2013年には、仙台藩祖伊達政宗公の霊屋「瑞鳳殿」のある霊屋下の広瀬側河川沿いに、「広瀬川の清流を守る条例」を無視した巨大マンションの建設を許可。地元住民が訴訟を行ったところ、仙台地裁は市が条例に違反していても市民に訴える権利がないとしてこれを却下し、霊屋下の広瀬川の風景は一転して、1枚の壁となってしまっている。
霊屋下の風景マンション建設後
またこの際、霊屋下には東日本大震災の震災復興公営住宅が建設されたが、当初の予定では樹齢約200年の大イチョウを、銀杏が臭いからという理由などで伐採しようとし、各方面の働きかけから辛くも伐採を免れている。
同年には、仙台城跡の伊達政宗公騎馬像周辺の樹木のほとんどが、城の礎石のみを復元する名目で多数伐採され、さらに数本のモミを枯死・伐採させている。ほかにも、茂庭台の街路樹の突然の伐採なども疑問視されている。
東北大学雨宮キャンパス
さらに、東北大学雨宮キャンパスもイオンに売却する際、貴重な樹木にあふれる同地を基本的に「更地」にして引き渡す方針を発表。樹木を何本残すかは、すべてイオンの胸三寸で決定するという事態になっている。

岡崎栄松仙台市長
街路樹の植樹をおこなう岡崎栄松仙台市長(写真右から5番目の黒のコートと帽子の男性)
仙台市は仙台空襲と終戦後初の仙台市長である岡崎栄松の市政のもと、杜の都の植樹が行われ、青葉通り、広瀬通り、定禅寺通りを代表とする街路樹を、市民一丸となって植樹した経緯がある。上の写真は、今年の仙台の戦災復興展(仙台市主催。於仙台市戦災復興記念館)のポスターや広告で紹介されたものだが、展示資料からは除外された。こうした姿勢からも、仙台市政が意図的に「杜の都」の破壊活動を行っていると考えざるをえない。
広瀬通のイチョウ並木
広瀬通の中央分離帯のイチョウ伐採は、平成45年予測の交通渋滞を想定してその必要性が市民に説明された、ありえない内容である。X橋開通後の道路状況を数年間観測してからでも伐採の可否の再検討や移植の実現性を検討する余地も残されている中で伐採を強行した場合、「杜の都」は景観上も歴史的にも、取り返しのつかない事態になるのではないだろうか。

参考
<仙台広瀬通>イチョウ並木1本だけ伐採せず
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160902_11044.html

<公園スギ伐採>仙台市 審議会報告せず13本
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160610_13016.html

<東北大>希少な緑地帯「更地」で引き渡し
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160701_13017.html

広瀬通渋滞緩和へ仙台市今年秋にもイチョウ伐採の方針
https://www.youtube.com/watch?v=6ftsDEcz1ck

About the Author

天之加久矢
豊受真報の記者の天之加久矢(あめのかくや)です。よろしくお願いします。