また在日韓国人 生活保護を酒代で使い切りコンビニ強盗、現行犯逮捕

韓国 日の丸

大阪府警西成署は、19日、強盗未遂の疑いで、在日韓国人の無職、魚興秀(ぎょ・こうしゅう)容疑者(65・大阪市西成区萩之茶屋)を現行犯逮捕したことを発表した。コンビニエンスストアにナイフを持って押し入り、店員を脅迫した疑い。産経新聞が報じている。

魚容疑者は、19日午後2時35分ごろ、同区太子のファミリーマート太子店で、カウンターにいた女性店員(43)に果物ナイフ(刃渡り約10センチ)を突きつけ、「金を出せ」などと脅し現金を奪おうとしたとしている。同署によると、女性店員に怪我はなく、犯行当時、店内に客はいなかった。男性店長(35)が非常通報装置を押し、駆けつけた署員がその場で魚容疑者を取り押さえたという。魚容疑者は取り調べに対し、「生活保護費を酒代に使い、金がなくなったのでコンビニ強盗をしようと思った」と話しているという。

在日韓国人の凶悪犯罪が後を絶たない。在日韓国・朝鮮人は生活保護を比較的容易に受けられる立場であり、さらに不正受給を行っている者も多くいるといわれる。そして遊行費や反日活動に使い、資金が尽きると今回のように犯罪に及ぶケースも。日本国内では、日本人への生活保護が行き渡らない問題があることから、在日外国人への生活保護禁止を訴える声が目立つようになってきている。

(参照)

生活保護費を酒代で使い果たし…ついにコンビニ強盗未遂 韓国籍の男逮捕(サンケイ)
http://www.sankei.com/west/news/160819/wst1608190072-n1.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。