話題:民進党・小西ひろゆき議員「私が民進党代表になれば三週間で安倍政権を倒閣できる」→炎上

小西ひろゆき

民進党の国会クイズ王として名高い小西ひろゆき議員が、自身のTwitterでトンデモツイートを行っているとして話題だ。7月31日、小西議員は「私が民進党代表になれば三週間で安倍政権を倒閣できる」などとした内容のツイートを投稿、右派左派問わず炎上状態だ。

小西議員といえば反政府運動を全面に行う極左議員として知られる。これまでも枝野幸男幹事長らとともに「反安倍」を主張、極左暴力集団として知られる「平和を実現するキリスト者ネット」や「SEALDs」などと反政府運動を繰り広げてきた。しかし結果は周知のとおり、2012年の衆院選、2016年の参院選でも安倍自民が圧勝。「絶対止める」をスローガンに活動してきたくせに全く成果が上がっていないその小西議員が、「私が民進党代表になれば三週間で安倍政権を倒閣できる」ときた。そもそも「私が代表になれば」と前置きした上での絵空事。べつに代表にならなくても自民党に抗議することは可能なはず。つまり小西議員は安倍内閣を倒閣できないことを宣言、自身で裏付けてしまった形となってしまった。これには小西議員の活動を応援し続けてきた極左勢力も意気消沈、「これだから民進党は舐められる」「代表選に名前すら出てこなかった議員が言うべきではない」「政治を舐めているのでは」「ツイート削除してくれ」と炎上、手痛い“小西離れ”を引き起こしているようだ。

これまでも小西議員は枝野幹事長ばりに失言と迷言を繰り返してきた。口を開けば「憲法ガー」「アベガー」、そして国会ではクイズ大会。もはやその政治力を信頼している者は誰もいなそうだ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。