また在日中国人 楽天ポイント不正入手で姜騰達容疑者(23)逮捕

中国人

愛知県警は、11日、東京都練馬区に住む在日中国人の専門学校生、姜騰達(ジアン・トゥンダー)容疑者(23)を10日に詐欺の疑いで逮捕したことを発表した。楽天ポイントを不正に入手し、コンビニで商品を騙し取った疑い。

姜容疑者は、5月14日、東京都豊島区のコンビニで、不正に入手した青森県の女性(33)名義の楽天スーパーポイントを使って、避妊具5箱(4860円相当)を騙し取ったとされる。県警によると、容疑を認め「アルバイトのつもりだった。商品の代理購入の仕事があるとインターネットで求人が出ていた」と話しているという。県警は、指示役の専門学校生リウ・ジュー容疑者(24)(同じく詐欺容疑で逮捕)から女性名義のポイントの決済用バーコードを受け取り、中国で人気のある商品を不正に購入して、1個当たり150円の報酬を得ていたとしている。楽天ポイントは全国で約4万アカウント(900万円相当)のポイントが不正使用されているとされ、警察などは一連の事件の背景に在日中国人の犯罪組織の関与があるとみて全容解明を進めるという。

在日中国人らのインターネット犯罪が後を絶たない。詐欺をはじめATM不正利用、インターネット・ポイントの不正入手など、組織的に犯罪を行っている。在日中国人らは留学生や観光客として日本に入国、日本国内で犯罪グループをつくり、本国からの中国人も呼び寄せ犯罪グループを大きくしている。特に留学生として日本に滞在するケースでは、国や大学から滞在に対する手当がもらえるため、それらの資金が犯罪に用いられることになる。全国の大学は、外国人留学生への手当をさらに拡大しようとしており、今後もこういった犯罪が増えていくとされている。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。