民進党・岡田代表「サポートする」 小池東京都知事との懇談で2020東京五輪について

民進党 岡田かつや

東京都の小池百合子知事と民進党の岡田克也代表は、10日、同党本部で懇談し、2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用の削減を目指すことで一致した。小池知事が就任あいさつのため訪れた。

岡田代表は「激戦の選挙、おめでとうございます」と祝意を述べ、「こちらは残念な結果だったが、選挙をやったことはよかったと思う。結果が出たので、われわれも是々非々ではあるがサポートするところはしっかりサポートをしていきたい」などと発言。小池都知事は「心強いお言葉をいただき、ありがとうございます。都議会でも民進党の議員には、都政を進めるということ、『都民ファースト』の精神でご協力いただければと思っています」と述べた。

岡田代表は「都政全般についてさまざまな改革も必要だと思うので、知事がそれをしっかり前に進めていかれるということであれば、中身を見て都民のためになることであれば後押しをしていきたい」と強調。2020年東京オリンピック・パラリンピックをめぐっては、「コンパクトなオリンピックのはずがいつのまにか予算規模が大きくなってしまった。これは国民の税金、都民の税金であり、中身をしっかり見て必要がないものは思い切って削減しなければいけない」「国会の予算委員会での議論でも誰が責任を持っているのか、国なのか、東京都なのか、組織委員会なのか分からず、もたれ合いというのが私の実感だ」などと発言し、「東京都がしっかりといいオリンピックにするために責任を持って進めていただきたい」と求めた。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。