ことば:「接続水域」とは?

中国 不審船

中国の武装不審船が沖縄の尖閣諸島の領有権を目当てに日本への挑発を続けている。中学校の社会科(地理・公民)で習う「領域」に関する言葉といえば、「領土」「領空」「領海」そして「排他的経済水域(EEZ)」と「公海」。しかしニュースなどでは「接続水域」という言葉をよく目にすることだろう。海上保安庁の公式サイトでの「Q&A」でもあまり詳しくは接続水域について述べられていない(定義は掲載している)。そこで、接続水域について解説していきたい。
接続水域
図は簡単にそれらの領域を示したものだ。接続水域とは、24海里(約44.4km)から領海である12海里(約22.2km)の部分を引いたもの。ちなみに基準となる0海里は、潮の満ち引きが考慮され、海岸線よりも海側に広く低潮線に設定されている。接続水域とは、日本政府によると「領海の基線からその外側24海里の線までの海域で、沿岸国が、領土・領海の通関上、財政上、出入国管理上(密輸入や密入国)、衛生上(伝染病等)の法令違反の防止及び違反処罰のために必要な規制をすることが認められた水域」との説明がある。つまり領海ほどの権限はないが、他国が無断で航行していた場合、法を発動し抑制・拿捕(だほ)・逮捕することのできる範囲なのである。

中国は領海侵犯も合わせ、日本の接続水域にたびたび侵入、挑発を行ってきている。日本政府は中国政府に対し抗議を行っているが、中国側は「穏便に」などと主張、意味不明で不快な態度を示している。このような場合、国際法上では他国の権利を侵害した国に一方的に責任があり、日本は被害者だ。中国がどう主張をしようと日本の権利を侵害しているのだから、日本は法的手段に出ることが可能なのである。あるいは他国の場合、接続水域に侵入された場合、銃撃や砲撃などを行い不審船を破壊している場合もある。現在の日本の態度は「お人好し」という、ある意味文化的な悪い面が国交にも現れてしまっている。外国に対しては遠慮などしていられないのだ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。