民進党・岡田代表が9月退任へ さらにすすむ極左の内ゲバ

民進党 岡田かつや

7月31日に投開票された都知事選では、小池百合子氏が圧勝、民進党・共産党・生活の党・社民党の4党共闘として出馬した鳥越俊太郎氏は足下にも及ばなかった。さらに、在日朝鮮人の人権擁護活動家として知られる弁護士の宇都宮けんじ氏との内ゲバを誘発させ、いま極左団体は責任のなすりつけ合いに発展。それを見越してか、民進党の岡田かつや代表は、前日の7月30日に、9月の代表選に出馬しない意向を明かした。そして、9月末の任期満了をもって退任することを表明した。実質の逃亡だ。

これについて民進党の松原仁都連会長は、31日、都内の記者団に対し「選挙戦の最終日に、なぜ鳥越氏擁立の中心だった岡田氏が出処進退に言及したのか極めて理解に苦しむ」と怒りをあらわに。民進党の柿沢未途衆院議員と木内孝胤衆院議員も「敵前逃亡」と激しく批判した。結果的に岡田代表は左翼の内ゲバを悪化させる形に。当の岡田代表は、7月30日に退任を表明した際の同日の記者会見内で、鳥越俊太郎氏が落選した場合の責任を回避するため投開票前に代表選不出馬を表明したのかと質問されると、「それをゲスの勘ぐりと言うんじゃないですか。そういう考え方に立っていない」などと激昂、逃亡を正当化する構えだった。

左翼とは、楽観主義思想をもつ者も含める。極左政党である民心・共産・生活・社民はそれだけ楽観思想も強いことだろう。楽観思想が強ければ責任感もないということだから、都知事選大敗という事実が受け止められず、誰かが責任をとってくれるものだと勘違いしている節がある。そこに全ての責任を背負ってくれる予定だった岡田代表が逃亡を宣言してしまったわけであるから、左翼にとっては大変だ。今後は鳥越氏と宇都宮氏に加え、岡田勢力も分裂する事態に発展する場合も想定され、ますます左翼は内ゲバが激しくなると予想される。反日と売国、そしてカネと権利に溺れた議員たちの壮絶な私闘が始まる気配だ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。