【論説】仙台市立館中いじめ自殺事件で3度目の献花撤去要求看板

館中いじめ自殺事件献花と看板

仙台市泉区は2016年7月22日、いじめ自殺事件のあった館中学校に隣接する公園の噴水跡の献花を移動するよう求める看板を設置した。仙台市による看板の設置は今回で3度目である。
館中いじめ自殺1度目の看板
1度目は昨年2015年9月21日で、献花が開始した直後である。この時は、仙台市が学校名を公表しない方針のさなかであった。この時はテーブルが置かれていたために厳密には「不法占用」であったが、公園課は強制撤去の予定日を、被害者生徒の命日の翌日にあたる9月28日とする配慮を行い、被害者の父親も訪れ献花に感謝した。しかし、何者かが命日を待たずに献花台を撤去したため、世論はますます高まり、学校名の公表につながった。
館中いじめ自殺献花撤去要求看板
2度目は2016年2月13日。この時は、被害者生徒の遺族が加害者の生徒らと仙台市に対して、事実関係の究明と責任の所在の確認を求める民事調停を仙台簡裁に申し立てたことが報じられた直後だった。館中学校は歩道からほとんど見ることができない学校正門の裏角の隅に屋外献花台を設置し誘導を求めたが、地元住民の反感をますます買うことになった。館中学校内の屋外献花台に献花する人は、現在に至るまでほぼ皆無である。
館中学校いじめ自殺事件献花撤去要求看板
3度目は2016年7月22日。被害者生徒の遺族が6月30日に、仙台市と加害生徒8人に約5500万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした直後、連合町内会から撤去の要望を受けてのことである。また、7月30日の夏祭りの主催である館ビレジ連合町内会の会長が、昨年9月から一貫して公園の献花の撤去を仙台市に求めていた本人である。そして、連合町内会の祭り会場本部テントの設置場所が献花のある噴水跡の隣に設置される予定のため、連合町内会長としての面目が立たなくなるという理由もあるようだ。
これら3度の看板は、いずれも学校や連合町内会からの要望を受けて設置されている。献花を人目につかないように隔離し、いじめ自殺事件も調停も訴訟も地元住民や仙台市民の関心の外に置こうとする目的である。これを「隠蔽」と言わずして何と呼ぶのだろうか?
館中学校いじめ自殺事件献花
公園噴水跡の献花の現状。2016年7月26日。地元住民らによって放置されることなく献花が行われ、手入れが行き届いている。泉区による2度目と3度目の看板はあくまで要望であり、強制力のあるものではない。そのため、7月30日の夏祭りの都合で、誰かが強制的な撤去やシートで覆うなどの行為に及ぼうとした場合、混乱は避けられないだろう。
館中いじめ自殺事件抗議文
記帳簿などを保管するケースに入った、献花撤去の要望に対する、地元住民による抗議文。
仙台市教育委員会は7月26日、文部科学省に対していじめ防止対策の充実を求める要望書を提出したが、その中には「いじめ自殺の公表指針策定」という項目がある。今回のいじめ自殺事件で相次いで行われ問題視された学校と市ぐるみの「隠蔽」を、果たしてどう考えているのだろうか。
館中央公園夏祭り
7月30日に行われる夏祭りは、午後3時から8時半頃まで行われる。連合町内会長の挨拶は、午後6時20分から40分の間に行われる予定である。
何かの因果であろうか。献花が行われている噴水跡付近は、現在全国で社会現象となっている「ポケモンGO」の「ジム」に指定されている。「ジム」は町中のプレイヤーたちが一同に会し、チーム戦を競い合う交流の場である。被害者生徒を思えば、存命であればきっと友だちと一緒になってポケモンGOで遊び、新たな親交を育んだことだろう。献花や追悼もかねて館中央公園の会場を訪れ、住民たちと交流してみてはいかがだろうか。

2016年7月28日

参考
<仙台中1自殺>「教訓反映を」文科省に要望書
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160727_13031.html

<仙台いじめ自殺>公園献花の撤去求め看板
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160723_13022.html

<仙台いじめ自殺>公園献花撤去 町内会訴え
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160708_13011.html

<仙台いじめ自殺>遺族、加害生徒と市を提訴
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160701_13018.html

【論説】館中いじめ自殺事件で連合町内会は夏祭り前に献花を撤去せよと要求
http://www.media-japan.info/?p=2170

About the Author

天之加久矢
豊受真報の記者の天之加久矢(あめのかくや)です。よろしくお願いします。