在日韓国人含む薬物密売グループ、逮捕・・・愛知

韓国人

愛知県警は、22日、覚醒剤取締法違反の疑いで無職丹羽恵司容疑者(58・名古屋市千種区)ら4人を逮捕し、同日に送検したことを発表した。中日新聞などが報じている。

他に逮捕したのは、在日韓国人で自称人材派遣業の姜(カン)信宇(65・東京都杉並区)、無職安藤恵美(31・本籍東京都)、無職大西順彦(45・千種区)の3容疑者。4容疑者からは、関係先で覚醒剤500グラム(末端価格約3500万円)や注射器600本余を押収した。容疑者らは薬物密売グループとみられる。逮捕容疑では、7月20日、丹羽容疑者は営利目的で自宅で覚醒剤約100グラムを所持し、姜と安藤両容疑者は共謀し千種区の路上で覚醒剤2グラムを所持したとされる。大西容疑者は7月、覚醒剤を使用したとされる。県警によると、容疑について丹羽、大西両容疑者は認め、姜と安藤両容疑者は否認しているという。

在日韓国人絡みの薬物事件が後を絶たない。今年2~3月にかけては、危険ドラッグ「RUSH」を大量密輸した東京・新宿区の在日韓国人が逮捕され、全国の販売店舗に売り捌いていたことが発覚。また、いまだ詳しい関係は不明だが、無修正のわいせつDVDを売り捌いていた組織も関与していたとされている。日本中で犯罪を行い荒稼ぎする在日韓国人の実態が明らかになってきている。

(参照)

薬物密売グループか 愛知県警が4人逮捕(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016072290204111.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。