話題:「日本コリア協会・川崎」の紹介文がおかしい 「実態不明」と話題に

売春婦

日本共産党傘下の組織「9条の会」との癒着や、韓国の自称・従軍慰安婦の擁護活動、またさまざまな極左暴力集団とのかかわりがあるとされる「日本コリア協会・川崎」。川崎といえば在日韓国・朝鮮人だらけの街であることが知られており、多摩川の河川敷などでは公有地の不法占拠が行われ、立ち退きを申し入れても「差別である」「人権侵害だ」など主張、市との押し問答が繰り広げられていたことは周知の事実だ。もはや川崎は「在日韓国・朝鮮人に乗っ取られかけている街」としても過言ではないだろう。

その川崎で活動する「日本コリア協会・川崎」。その組織紹介文が「かわさき市民活動ポータルサイト~応援ナビかわさき~」で公開されている。そこに、ある不可解な一文が掲載されているのだ。

日本コリア協会・川崎
http://kawasaki.genki365.net/gnkk09/mypage/mypage_group_info.php?gid=G0001459
コリア協会川崎 紹介文
「活動メンバー数」すなわち日本コリア協会・川崎の所属人員数が公開されているのであるが、その合計人数は「35名」。しかし男女比率が「男50:女50」と表記されているのである。合計人数が奇数ならば、男女比率が1:1になることはありえない。男女どちらかに比重が偏るはずなのであるが、日本コリア協会・川崎の男女比率は「男50:女50」なのである。また、「1:1」と表せば済むのにもかかわらず、「50:50」とわざわざ百分率で計算しているということは、やはり「35人」という合計人数が考慮され表記されないとおかしな話。つまり日本コリア協会・川崎の所属人員は、「実態不明」なのだ。

これに対してインターネット上では、「“日本コリア協会・川崎”と検索しても組織のホームページが見当たらない」「架空の組織なのでは?」などと憶測が乱れ飛んでいる。実際、大手検索エンジンである「Google」で「日本コリア協会・川崎」と検索しても、前述した「かわさき市民活動ポータルサイト」での紹介文ページがヒットするのみで公式ホームページなどは存在していないようだ。ただし日朝協会や9条の会の反日活動において、「日本コリア協会・川崎」として名義のみは登場してきている模様。

実態不明の反日団体、在日韓国・朝鮮人組織「日本コリア協会・川崎」。謎が謎を呼んでいる。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。