台湾民進党、初の党大会で国の独立を公領に盛り込もうとするも、さっそく中国共産党から圧力か?

蔡英文

台湾の与党・民進党は、17日、今年5月20日の政権交代後初めてとなる党大会を台北市内で開催した。同党主席の蔡英文総統は、改革を着実に推進する必要性を語り党員を鼓舞した。台湾各紙が報じた。

蔡総統は、経済、司法、年金面などでの改革は一朝一夕にできるものではないとしながらも、「全ての党員が理想と目標を見失わなければ、困難は克服できる」と激励。一方で、人民の期待が高いことから、改革に対して否定的な意見が出る可能性にも言及。「ただしこれこそが重要な意見だ」として誠意をもって社会の声に耳を傾けるよう求めた。党綱領については、一部の党員から台湾の独立をうたっている党の綱領を新しいものに替えるよう求める提案が出されたが、盛り込むことは見送り。背後には中国共産党からの圧力があったと考えられる。

蔡総統は、提案の内容や対中国政策には触れないまま、取り扱いを執行部に任せることを決定。事前の報道では、党大会で独立と対中国政策がどのように盛り込まれるかが争点とされていた。いまだ台湾の独立を認めようとしない勢力が、台湾をがんじがらめにしているようだ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。