海外メディア「参院選で安倍政権が圧勝したのは国民が改憲を望んでいるから」 続々報じられる

安倍晋三

0日に投開票が行われた参院選。結果は安倍晋三政権の圧勝に終わった。民進党をはじめとする極左政党勢力は、事前に「憲法9条改正の是非が問われる選挙だ」と触れ回っていた。極左勢力の言っていたことを間に受けるとするならば、今回の参院選は、国民が改憲を圧倒的に望んでいることが判明したことになる。

これを受け、海外メディアも今後日本が憲法改正を行うかどうかに注目。イギリス紙では、「日本国民が改憲を望んだ参院選の結果」として大々的に伝えられた。また中国・韓国の二大反日大国においても同様の報道が行われ、中国・韓国が軍事を強化することについて正当化するような論調。アメリカでは改憲について触れるメディアはあまりなく、経済に言及する報道が多くみられた。海外メディアに共通していたのは、民意が参院選の結果に表れたという内容だった。

朝日新聞などの極左紙は、海外の報道を「戦争可能な日本を警戒」との論調で歪曲。露骨な安倍政権批判が続いている。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。