話題:民進党・枝野幹事長の妄想

枝野幸男

民進党は、2日、「枝野幹事長 自民党改憲草案を斬る」とのタイトルで公式サイトに動画を掲載、安倍晋三政権批判を行った。そのコメントが酷いとインターネット上で話題だ。

枝野幹事長は、「参議院選挙の大きなテーマは憲法」とした上で、安倍政権批判を展開、「自民党は街頭では憲法を語りません」「(憲法改正は、自衛隊を)軍隊にして、地球の裏側で自由に戦争ができる(案)」「報道の自由、表現の自由、職業選択の自由、信教の自由、様々な自由が今憲法で保障されていますが、これを覆し、時の権力の力で、それを自由に侵害」などとコメント。ここまでならいつもの枝野幹事長であるが、締めのコメントで驚愕の一言、「自民党は突っ走るに決まっています」とあるのだ。

結局、憶測で物事を語っていることを最後の最後に露呈してしまっている。つまり枝野幹事長は自らのコメントを根拠のないものと自分で認識していたことが明らかになったわけだ。これに対し、左翼ら民進党支持者は沈黙。今後も枝野幹事長はいつものように“アベガー”を続けていくだろうが、それらも根拠のないただの妄想であるということだ。

(参照)

2016年07月02日 【動画】枝野幹事長 自民党改憲草案を斬る(民進党)
http://www.minshin.or.jp/article/109543

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。