北朝鮮産ミネラルウォーターが中国で爆売れ 工場新設備でさらに爆売り目指す

北朝鮮水

北朝鮮の朝鮮中央通信は、4日、江西ミネラルウォーター工場に年間数千トン能力のミネラルウォーター生産工程が新たに整えられたと報じている。汚染水大国・中国では、北朝鮮産のミネラルウォーターが爆売れ中。北朝鮮産ミネラルウォーターは高級品として取り扱われているものもある。工場新設備は、今後も継続して中国に向け販売するための措置とみられる。

北朝鮮では、江西ミネラルウォーターは、肝臓機能障害、肥満症、糖尿病、消化器疾病などに効果があり、国内外に広く知られているという位置づけ。日本では北朝鮮産の商品は輸出入禁止措置が執られているため入手できず。市場に出回っていない状態だ。ただし、個人輸入を行う業者が日本国内に持ち込んでいる可能性はある。北朝鮮は、同工場で、洗浄工程を自らの技術で新しく設置して電力消費を減らし、殺菌能力をさらに高めたと発表した。

日本では表示法(薬事法)により、特定保健商品(トクホ)や医薬品以外の商品に効果・効能を標ぼうすることを禁止している。そのため効果・効能を標ぼうしている北朝鮮産のミネラルウォーターが市場に出回ることはまずないと言っていい。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。