ブーメラン:都知事選出馬を裏切った蓮舫代表代行が街宣で「民進党は絶対に裏切らない」

蓮舫

参院選東京都選挙区から立候補した、民進党の蓮舫代表代行(48)が、22日夕方、東京・表参道で街宣を行った。その際、「民進党は絶対に裏切らない」と宣言、抱負を語った。続けて、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」批判に終始した。

蓮舫代表代行といえば、6月中旬、政治資金横領で問題となっていた舛添要一氏が降板することをうけ、都知事選に立候補を表明したことで話題となっていた。しかしすぐに撤回、実質3日ほどで不出馬を宣言した。事前には民進党が「蓮舫だったら絶対に都知事選は勝てる」などと宣伝していただけあって、不出馬は民進党支持者にとって深い落胆を招いた。蓮舫代表代行が、民進党支持者を裏切った形となっていた。

蓮舫代表代行の「民進党は絶対に裏切らない」発言は、2009年から12年においての民主党政権の実績を考慮しても、実行困難と思われる発言。政権時には、公約に掲げた政策で実現したものは3割以下。そのため当時首相だった野田よしひこ議員は「ウソつき」と大々的に報じられ、またそのふがいない実績から再び自民党が政権を持つにいたっていた。もはや裏切りこそが民進党の持ち味と言ってもいいほど。蓮舫代表代行の発言は、またもや民進党議員に高速のブーメランが突き刺さる形となった。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。