左翼過激派が安倍首相の街宣を妨害 中指たてて「ふざけんな!」

中指

東京・吉祥寺で、19日午後4時ごろから、安倍晋三首相が街宣を行った。その街宣において、「市民連合」を名乗る共産党支持者、民進党支持者、在日韓国・朝鮮人団体所属者などの左翼の過激派組織が、大々的に妨害活動を行った。

左翼過激派らは、安倍首相が登壇すると、「アベ政治を許さない」「戦争法絶対反対」「国民の目は節穴じゃない」などのプラカードを掲げながら、「帰れ」コール。中には半発狂しながら「ふざけんな!」などと中指を立て絶叫する者も。左翼過激派らの安倍首相に対するヘイト行為は暴動一歩手前。吉祥寺駅前は日曜のため往来も多かったが、一般人に被害者は出なかった。

街宣していた安倍首相は現場の様子を心配。登壇中、「妨害ばかりしてる人がいますが、皆さんこういうことはやめましょうね、恥ずかしいですから」と述べ、街宣を応援しに来ていた一般人からは盛大な拍手。その後、「気を付けよう、甘い話と民進党」と述べると、大きな歓声があがった。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。