また在日中国人が組織犯罪 今度はたばこを偽造カードで大量購入、中国へ横流し

中国人

大阪府警は、詐欺などの疑いで、日本人と中国人の計10人を逮捕、起訴したことを公表した。偽造クレジットカードでたばこを大量購入した詐欺などの疑い。朝日新聞が報じている。

中国人らは、大阪、愛知、岡山など5府県のコンビニエンスストアで数百万円分を買い、中国向けに売却したとみられる。メンバーは「日本のたばこは中国で人気」と話しているという。同紙の調べによると、起訴状では、指示役の大阪市平野区の無職武村斉星(さいせい)被告(33)や、岐阜県美濃加茂市の無職陳涵(チェンハン)被告(21)らは、昨年5~7月、偽造カードでたばこ約400カートン(200万円相当)を購入していた。捜査関係者によると、他の8人は中国人留学生や技能実習生らで、インターネットのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて知り合い、ネット経由で、中国から、米国のカード会社から流出したとみられるカード番号などの個人情報を磁気データで購入していた。

中国人らは、パソコンと専用ソフトで、別に入手した中国の銀行のカードにデータを書き込み、偽造カード十数枚を作成。車で5府県のコンビニ約30店舗を回り、たばこを買い込んだ。今回も在日中国人による組織犯罪だった。在日中国人らの間では、日本国内で犯罪グループを作り、詐欺、不正アクセスなどを行い、中国に資金を横流しする犯罪が常態化している。これまでも、インターネット・サーバーを不正に用い、国会関係機関にアクセスし、個人情報を得て資金を稼ぐなどの手口で、組織犯罪の実態が明らかになっている。

(参照)

偽造カードでたばこ大量購入 容疑者ら、中国に転売か(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6H5KJXJ6HPTIL01Q.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。