気を付けよう、甘い言葉と民進党・・・安倍首相

安倍晋三

安倍晋三首相は、13日、大分市内の参院選の応援遊説で標語を披露。「気を付けよう、甘い言葉と民進党」と、野党共闘の危険性を訴えた。

首相は大分市内の演説で、民進党が自衛隊解消を党綱領に掲げる共産党と参院選で野党統一候補を擁立することを踏まえ、「統一候補といえば聞こえはいいが、だまされてはいけない。『気を付けよう、甘い言葉と民進党』だ。忘れてはならない」と述べ、聴衆を盛り上げた。民進党・岡田克也代表はこれに対し、都内で記者団に「まるで非合法政党みたいな扱いだ。極めて遺憾だ」と反発した。

民進党といえば、極左暴力団体「SEALDs」や在日韓国・朝鮮人団体の癒着などで知られる。さらに準テロ組織である共産党との共闘。反政府を全面に掲げ、もはや政治団体というより圧力団体のような姿だ。今後も参院選まで、具体的な政策そっちのけで“反安倍”路線を貫いていくとみられる。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。